プラステンアップは、伸びる成長に欠かせない栄養量が1杯で補える成長期応援サプリメントです。
低カロリー(1杯あたり約89kcal)なのに、しっかり栄養俸給することが出来ます。

思春期は、背が低いことも悩みですが、太ることも悩みですから、カロリーが低いのは大きなポイントになるのではないでしょうか。
その上、骨を成長させる栄養量がたっぷり配合され、その効果には誰もが納得することでしょう。

そんなプラステンアップですが、飲み方に決まりはないのでしょうか。
折角摂取しても、いい加減な飲み方をしていては、効果は期待できませんし、身体にいいことはありません。

飲み方のタイミングですが、プラステンアップはお薬ではありませんので、何時に飲む、という決まりはありません。

3食きちんと食事をとっていることが大前提として答えるのなら、
「夕食の後が一番適している。」と言えます。

なせなら、成長期の子供の身体は、睡眠時に多くの成長ホルモンが分泌されて、その働きで成長を促していくからです。

また、プラステンアップの成分と、食事で得た栄養素が相乗効果となって、成長のサポートをしてくれるからです。

少食のお子さんなら、1日2~3回に分けて調節していくことをお勧めしますが、中高生になれば自己管理も出来るようになりますよね。
「その点は、お子さんに任せてもいいのではないか?」
と思います。

中学生や高校生の背や成長の悩みは、本人以上に親にとっても大きな悩みだと言うことは分かります。

お子さんの身体の成長が遅いと、
「毎日、きちんと食べさせてるの?」
「栄養バランスのとれた食事を食べさせてないんじゃないの?」
など、心無い言葉を投げかけてくる人もいます。

その度に、親は傷つきますよね。

だからこそ、余計に、背や成長の悩みに、誰よりも敏感になってしまうこと、分かります。
ですが、中学生、高校生になれば、過度な言葉は反発されがちですので、お子さんが夕食後にプラステンアップを飲む習慣付けのお手伝いくらいに留めておきましょう。

飲む時は、水かお湯ですが、水は冷水より常温がおススメです。
冷たい水だとお腹がビックリしてしまうことがあります。
常温の水かお湯で飲むと、胃が適度に活発になり、腸へ円滑に栄養成分を届けます。

1日の量は8gと決まっています。
多く飲めばその分成長が早くなるということはありません。

早く身長を伸ばしたいからと言って、プラステンアップを多く飲んでも意味がありません。
逆に、内臓に負担をかけてしまいます。

用量は必ず守らないと、本来の効果は期待えきませんので、気を付けましょう。
多く飲むよりも、きちんと毎日飲むことが大事です。

プラステンアップの飲み方について、簡単に説明してきましたが、一体、どのくらい続けて飲めば、効果が出るのか?
について知りたいですよね。

骨格や体の成長は、1日で大きくはなりません。
最低3ヵ月~半年を目安にしてみて下さい。
プラステンアップの飲み方で、一番大事なのは、続けて飲むことが一番大事です。

結果を急ぎ過ぎると、なかなか効果がない場合にストレスになりこともあり得ますので、多少時間がかかるということは、予め覚悟しておきましょう。